Nintendo Switch 2台目用セットを買ってみた!家に2台の時代が来る?

ゲーム

ども!あき山です。

先日(と言っても1年ほど前ですが)、マイニンテンドーストアの2台目用Switchのセットを買いました。

動機はズバリ、「息子と家庭内でスプラトゥーン2の対戦したかったから!」です。

Switchが家庭内に2台あると、子ども達の取り合いを防げるし、スプラトゥーン2のようなゲームを家族同士で対戦することもできるのでとても便利です。

今回は、「Nintendo Switch 2台目用セット」を購入したことについてお話しします。

スポンサーリンク

2台目用Switchを購入

Liteとは違うの?

まず2019年7月に発表された新しい「Nintedo Switch Lite」について触れておく必要があります。

「Nintedo Switch Lite」は、携帯のしやすさを重視した廉価版のSwitchです。Joy-Conに相当するコントローラは本体と一体になっていて、画面も通常のSwitchより少し小さくなっています。

 

今回取り上げた「2台目用Switchのセット」は、2018年5月に発売されたSwitchのセットです。「Nintedo Switch Lite」とは異なり、通常のSwitchのセットからドックやアダプタが省略されただけの簡易なセットです。なので付属しているSwitch自体は、通常のものと全く同じものです。

2台目用Switchのセットとは?

任天堂は「マイニンテンドーストア」という自社のオンラインショップを持っています。

このマイニンテンドーストアで、2018年の5月頃から、通常のSwitch販売とは別に「Nintendo Switch 2台目用セット」の販売が開始されました。

公式サイト My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)

 

「Nintendo Switch 2台目用セット」には、通常のSwitch本体に付属されているドック、Joy-Con グリップ、ACアダプター、HDMIケーブルが付属していません。その代わりに、価格が24,980円(税抜)と通常版と比較して5,400円安くなっています。

今回、私は通常版ではなく、この2台目用Switchのセットを購入しました。

2台目用Switchのセットが価格面と実用面でお得かを検証してみた記事もありますので、こちらもどうぞ。

2台目用Switchのセットが家に届く

マイニンテンドーストアから2台目用Switchのセットを注文し、家に届きました。

私は関西の都心部に住んでいるので、2018年の8月24日(金曜)夜に注文して、8月28日の昼に届きました。

ニンテンドーラボのときはラボ専用の箱でしたが、2台目用Switchのセットの外装の箱は普通です。

ニンテンドーラボのときの箱はこちらで紹介しました。

 

開けてみると、2台目用Switchのセットの箱が入っています。普通のSwitchの箱とは違ってかなり薄くてコンパクトです。

 

さらにこの箱を開けてみると、Switch本体、Joy-Con、Joy-Conストラップが入っています。(Joy-Conストラップは裏側に入っていました)

今回のJoy-Conの色は、左をネオンイエロー、右をネオンブルーにしてみました。

しかしJoy-Conストラップは使わないので、2台目用Switchのセットには不要な気がしますね。というか、そもそもJoy-Conストラップって必要ないような…。

 

ちなみに、2台のSwitchの間で「ユーザーとセーブデータの引っ越し」を実行する際には、2台のSwitchの両方にACアダプターを接続する必要があるので、2台目のSwitch専用のACアダプターを結局は購入する必要あります。

2台のSwitchで引っ越しを行う場合には、ACアダプターが2つ必要

 

Switch用のACアダプター単体はこれです。

 

また、「ドック、ACアダプター、HDMIケーブル」のセットもあります。2台目用のドックを持っていない場合はこちらの方がお得です。

まとめ

というわけで、2台目用Switchセットを購入したことについてお話ししました。

この「Nintendo Switch 2台目用セット」もそうですし、「Nintendo Switch Lite」もそうですが、家に2台のSwitchを買ってもらおうという任天堂の戦略が見えます。もっと言うと、一人一台まで見越してるのかもしれませんね。

2台のSwitchを手に入れたら、これで家族で対戦なんかも可能になりますね!

2台のSwitchでダウンロード版のソフトを使えるようにする設定については、以前記事を書きました。こちらもどうぞ!

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました