本当にお得?2台目用Switchのセットを価格面と実用面で検証してみた

ゲーム

ども!あき山です。

2台目用Switchのセットが、任天堂のオンラインショップ「マイニンテンドーストア」で発売されていますね。我が家ではこの2台目用Switchのセットを買いました。

ところで、この2台目用Switchのセットは本当にお得でしょうか。

実際にSwitchを2台持ってみて、このセットについて分かったことがいくつかあります。

今回は、2台目のSwitchを買う場合に、2台目用Switchのセットがお得かどうか、実際にこのセットを買って分かったことがあるので、それについてお話しします。

スポンサーリンク

2台目用Switchのセットとは?

セット内容と価格

「Nintendo Switch 2台目用セット」とは、2018年の5月頃にマイニンテンドーストア販売開始されたSwitch本体のことで、通常のSwitch本体に比べて付属品が少ない代わりに価格が安くなっています

公式サイト My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)

 

2台目用Switchのセットには、通常のSwitch本体に付属されているドック、Joy-Con グリップ、ACアダプター、HDMIケーブルが付属していません。その代わりに、価格が26,978円(税抜)と通常版と比較して5,400円安くなっています。

2台目用Switchのセットを開けてみた

我が家では2台目のSwitchとして、この2台目用Switchのセットを買いました。

2台目用Switchのセットの箱は、普通のSwitchの箱とは違ってかなり薄くてコンパクトです。

 

この箱を開けてみると、Switch本体、Joy-Con、Joy-Conストラップが入っています。(Joy-Conストラップは裏側に入っていました)

価格面から比較してみる

価格差について

では、通常本体と2台目用Switchのセットの価格差を細かく見てみます。

通常本体 2台目用セット 個別価格
セットの価格 32,378円 26,978円
Switch本体
Joy-Con(L)/(R) 8,078円
Joy-Conストラップ×2
ドック 9,698円
Joy-Con グリップ 2,678円
※1
ACアダプター 3,218円
HDMIケーブル 554円
※2
  • (※)価格は税込みです。
  • (※1)通常本体に付属のJoy-Conグリップは充電機能なしですが、単独購入すると充電機能が付いてこの価格です。Joy-Con充電グリップ
  • (※2)HDMIケーブルはAmazonベーシック1.8mの価格です。

 

上の表のように、通常本体と2台目用セットとの価格差は5,400円で、内容物の違いは「ドック」、「Joy-Con グリップ」、「ACアダプター」、「HDMIケーブル」の4つです。

「ドック」、「Joy-Con グリップ」、「ACアダプター」、「HDMIケーブル」の4つは不要!ということなら、2台目用セットは通常本体よりも5,400円安くなるので確かにお得ですね。

2台目用Switchはほとんどの場合で損になる?

上の表の「ドック」、「Joy-Con グリップ」、「ACアダプター」、「HDMIケーブル」の単独価格を踏まえて、もうすこし考えてみます。

2台のSwitchを買う場合、これら4つの商品を後で全部買うことはないにしても、もしかしたらJoy-ConグリップやACアダプターぐらいは買い足すことがあるかもしれません。

そういう視点で見てみると、2台目用セットを買った後でこれらの商品を付け足しで購入した場合、ほとんどの場合で通常本体の価格を上回ってしまうことがわかります

たとえば、ドック(9,698円)を1つ買ってしまうと、2台目用Switchのセットの低価格のメリット(5,400円安い)ことを帳消しにして、損をしてしまうのです。

 

ちなみに、2台目用セットを買ったあとで、買い足しても通常本体の価格を超えない組み合わせは以下の5通りに限られます。

  • 2台目用セット+「Joy-Conグリップ、HDMIケーブル」を単独購入
    →合計価格は、通常本体よりも2,168円安い。
  • 2台目用セット+「Joy-Conグリップ」を単独購入
    →合計価格は、通常本体よりも2,722円安い。
  • 2台目用セット+「ACアダプター、HDMIケーブル」を単独購入
    →合計価格は、通常本体よりも1,628円安い。
  • 2台目用セット+「ACアダプター」を単独購入
    →合計価格は、通常本体よりも2,182円安い。
  • 2台目用セット+「HDMIケーブル」を単独購入
    →合計価格は、通常本体よりも4,846円安い。

この5通り以外で2台目用Switchのセットに付け足しすると(たとえば、ドックを買ったりすると)、全ての場合で、最初から通常本体を買った方がよい!ということになります。

 

「じゃあ、通常本体よりも安くなるようにこの5通りの買い方をすればいいじゃん?」と思うかも知れませんが、果たしてこの5通りの買い方で本当に足りるでしょうか?

価格面からの比較では、通常本体と2台目用Switchのセットのどちらが有利かは断言できないので、次に実際に使用する場合を考えてみます。

実用面から比較してみる

通常本体と2台目用セットとの違いは、「ドック」、「Joy-Con グリップ」、「ACアダプター」、「HDMIケーブル」ですが、これらをどの程度利用する必要があるのか、使うシーンを考えてみます。

2台のテレビに別々に接続する場合

たとえば、「リビングのテレビ」と「子ども部屋のテレビ」とで、それぞれSwitchを接続する場合を考えてみます。

このように2台のテレビに別々に接続する場合は、2台のSwitchに対してドックが2台必要になります。2台目用セットを購入した場合、ドックを1つ買い足すことになります。

すると上で説明したようにドック1台の価格が9,698円なので、2台目用Switchのセットのメリットを打ち消してしまいます。

なので、この場合は2台目のSwitchを購入するに当たって、2台目用セットではなく通常本体を購入すべきです。これはわかりやすい例ですね。

1台のテレビしか使わない場合

次に、Switchを表示させる場所はリビングだけという場合を考えてみます。

この場合、1台目の通常本体に付属していた、「ドック」、「Joy-Con グリップ」、「ACアダプター」、「HDMIケーブル」を使えばいいので(共用する)、2台目のSwitchのセットで十分と言えます

こんな感じで、実際に2台のSwitchの使い方を想定して、「ドック」、「Joy-Con グリップ」、「ACアダプター」、「HDMIケーブル」のどれが必要になるのかを考えるといいと思います。

 

ちなみに、我が家は上の図のケースに該当しているので、当初は2台目用Switchセットを買えば十分と思っていました。

しかし、我が家では実際に2台目用セットを購入してみて、2つの問題点が浮かび上がってきました

この問題点についてもう少し説明してみます。

実際に使ってみて見えた問題点

2台目用セットを買って、1台目の通常本体に付属していたものを共用してみた結果、浮かび上がった問題点は以下の2つです。

充電の問題

Switchの充電は、スマートフォンなどと同じように普通は夜の時間に充電します。昼間は2台のSwitchを同時に使っているので、充電するタイミングは夜になることが多いのです。

そうすると、ACアダプターが1つしかない場合、2台のSwitchを同時に充電できないということになり、かなり不便です

 

充電についてもう1つ問題があります。

新しく2台目のSwitchを購入した場合、普通は1台目のSwitchから「ユーザーとセーブデータの引っ越し」を行うことが多いと思います。

「ユーザーとセーブデータの引っ越し」を行うとき、2台のSwitchを近付けて無線でデータの移動を行うのですが、そのときにどちらのSwitchでも「ACアダプターを接続してください。」と表示されます。ACアダプターが接続されていないと、先に進むことができなくなります。

厳密には「ACアダプターを接続してください」と表示されたときだけACアダプターを接続することで、1台のACアダプターで乗り切ることもできそうです。(途中まで試した結果、行けそうな感じでした)しかし、確実に「ユーザーとセーブデータの引っ越し」を行うなら、やはり2台のACアダプターがあった方がよいでしょう。

 

夜間などに2台のSwitchを同時に充電する場合や、ユーザーとセーブデータの引っ越しを行うことを考えれば、結局は、2台のSwitchの両方にACアダプターが必要になります。

片付けの問題

ACアダプターが2台分必要になることは上で述べたとおりです。

では、ACアダプターだけ2つ用意すればいいのかというと、実際にはそれだけでは不便に感じました。

我が家では2台目用SwitchのセットのためにACアダプターを用意しました。確かにこれで充電問題は解消されるんですが、実際には、2台のSwitchを手際よく充電セットできず、充電中の片付けがままならないことに気付きました

上の画像のように、1台目はドックにセットした状態でスッキリと充電できますが、2台目はドックがないのでアダプタをいちいち接続する必要があります。

そうすると、2台のSwitchを収納場所に立てた状態で片付けることができません。

もしドックが2台あれば、2台のSwitchを片付けて夜間の間に充電することもできます

まとめ

上で述べたようにACアダプターは必ず2台必要と考えれば、「2台目用セット+ACアダプター」の価格は30,196円になり、通常本体(32,378円)との価格差は、わずか2,182円になります。

わずか2,182円安いことを求めて「2台目用セット+ACアダプター」を選択するよりも、あと2,182円出して通常本体を買えば、ドック(9,698円)が手に入るので、スムーズな充電と片付けやすさを実現できます。

 

ちなみに、通常本体を買うなら、せっかくなら無地の本体ではなくゲームとのセットの本体を買うのがいいですね。うちは、子ども達がポケモン大好きなので、あと少し待ってればこっちの通常本体を買えたのになぁと後悔してます。。。

Amazon Nintendo Switch ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウセット
Amazon Nintendo Switch ポケットモンスター Let’s Go! イーブイセット
Amazon Nintendo Switch 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALセット
Amazon Nintendo Switch スーパーマリオ オデッセイセット
Amazon Nintendo Switch スプラトゥーン2セット
Amazon Nintendo Switch Minecraft (マインクラフト) セット
マイニンテンドーストア Nintendo Switch マリオパーティーセット

 

というわけで、私個人の意見としては、もう1台Switchを買うならば「2台目用セットではなく通常本体を買った方がよい」と思います。

補足:2台目用Switchを買った人へ

既に2台目用Switchを買った人は、ドックやACアダプターを購入する場合、マイニンテンドーストアではなくネット通販で購入した方がお得です。

 

ACアダプターは、マイニンテンドーストアでは3,218円ですが、Amazonだと2,900円ぐらいなので、300円ほどお得です。

 

また、Amazonでは、「ドック、ACアダプター、HDMIケーブル」のセットが8,300円ぐらいで売られています。本来ならこの3つを合わせて買うと10,000円ぐらいするので、かなりお得です。

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました