カレーの辛さが足りない!辛さをプラスできるおすすめスパイス

雑記

ども!あき山です。

辛いカレー、おいしいですよね。

個人的には、カレーのおいしさって辛さが半分ぐらい占めてるんではないかと思ってます。なので辛くないカレーはほんと残念です。具材に問題ないのに、ただ1点辛さが足りないというだけで、カレーのおいしさが損なわれてしまうんですよね。

でも、小さい子どもがいる家庭で、子どもに合わせてカレーの辛さを調整すると、大人にとってはちょっと物足りない辛さになります。また、ちょうどいい辛さのルーを使ったのに、思ったほど辛くならなかったという場合もあると思います。

そんなときに使えるのが、「辛さ調整用のスパイス」です。

辛さ調整用のスパイスで辛さをプラスすると、あら不思議!カレーがめちゃくちゃ美味しくなります。

今回、カレーの辛さが足りないときに使える辛さ調整用のスパイスを実際に色々調べてみたので、その結果わかったオススメのスパイスを紹介します。

スポンサーリンク

カレーに使える辛さ調整用のスパイス

【S&B】ハバネロペッパー(パウダー)

世界で最も辛い唐辛子の一つ「ハバネロペッパー」を粉末状にしたものです。キムチ、麻婆豆腐、カレー、チリソースなどを、辛く仕上げたいときにおすすめです。

辛さの代名詞とも言えるハバネロをベースにしたスパイスです。

パッケージの裏面にも「辛味が強く、皮膚に刺激がありますので、取扱いには充分ご注意ください」とあり、マジやばい感が半端ないです。

粉末の色は茶色がかっており、見た目はそれほど辛そうではないんですが、口に含むと舌を攻撃してくるような辛さがあります。喉に張り付くと咳き込み必至です。ただ、風味にクセがないのでカレーだけでなくどんな料理にも合うと思います。

また、辛いものに強い人の場合、以下で紹介するどのスパイスも辛さが足りない可能性があります。その場合、適度な辛さにするために大量にふりかけないといけなくなるため、スパイスの使用量が多く毎回買い足すのが大変かもしれません。そんな場合でも、このハバネロスパイスなら、ちょっとふりかけただけで圧倒的な辛さを得ることができるので便利です。

個人的にはちょっと辛すぎるので使い方が難しい気がしますが、辛いのがガチで好きな人にはピッタリだと思います。

Amazonには88件のレビューが付いていて、星4.5の高評価です。レビューを読むと絶賛の嵐で人気が高いことがわかります。

【S&B】チリーペッパー(パウダー)

赤唐辛子を粉末にしたもので、鮮やかな赤色とホットな辛さが特徴です。キムチ、麻婆豆腐、カレー、チリソースなどに最適です。

メキシコ料理でよく使われるチリパウダーをベースにしたスパイスです。ハバネロペッパーほどの辛さはないですが、これも結構辛いです。

パッケージには括弧書きで「カイエンペッパー」とも記載されていますが、「チリーペッパーに」と「カイエンペッパー」は同じもののようです。特に日本では、料理人や料理の先生が赤唐辛子のことを「カイエン」と呼ぶことが多いそうです。

ハバネロペッパーがクセのない辛さだったのに対して、チリーペッパーはタバスコのような風味があります。なのでカレー以外だと、ピザや洋食などに合うと思います。

【S&B】ガラムマサラ(辛みスパイス)

インドでよく使われる、辛いスパイスを中心にミックスした辛み付けと香り付けのミックススパイスです。カレーに入れるとバランスのよい辛口のカレーになります。また鶏の唐揚、炒め料理などにお使い下さい。

インド料理でよく使われるガラムマサラをベースに辛さをミックスしたスパイスです。

今回私が調査した中では、一番カレーに合うスパイスだと思います。風味が既にカレーっぽく(ガラムマサラなので当然なのですが)、カレーに加えたときの違和感がほとんどないです。

逆に言うと、風味がカレーなので何にかけてもカレーっぽくなってしまうため、カレー以外のものを辛くしたい!という場合には向いてないかもしれません。

また、辛いもの好きの人からすると、少し辛さが弱めなのが気になるところです。私も普段よくこれを使っているのですが、適度な辛さを得ようとしてふりかけると、かなり多量にふりかけないといけなくなるため、すぐに買い足さないといけなくなります。

【S&B】カレープラス鮮烈バリ辛ブレンド

S&B カレープラス 鮮烈 バリ辛ブレンド 14g×5本
S&B(エスビー)
原材料:赤唐辛子、ブラックペッパー、コリアンダー、カルダモン、ホワイトペッパー、クミン、クローブ、マスタード、シナモン

ジョロキアを使用し、辛味に特化したスパイスミックスです。スパイスの鮮烈な辛みが、いつものカレーの美味しさを一層引き立たせます。カレー1皿に8振り程度(約0.3g)で中辛がバリ辛の辛さに。

私は一瓶使い切ったことがありますが、カレーとの相性はとてもよくオススメできます。辛すぎず、かと言って甘くもない、丁度いい辛さです。

個人的には、上で挙げた「ガラムマサラ(辛味スパイス)」よりもカレー感が小さめなので、他の料理に合わせることもできると思います。

ただ、店頭になかなか置いてないので、どうしても欲しい場合はネットで買う必要がありそうです。

【S&B】カレープラス辛さ自在

S&B カレープラス 辛さ自在 5g×6箱
S&B(エスビー)
原材料:デキストリン、食塩、赤唐辛子、たん白加水分解物(いわし、かつお)、ブラックペッパー、ソースパウダー、ローレル、タイム、ナツメッグ、クローブ、バジル、メース、ローズマリー、カルダモン、パプリカ色素、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(グァーガム)、酸味料、香辛料抽出物、香料、(原材料の一部に大豆、りんごを含む)

香味と辛味のスパイスに調味料をミックスし、カレーソースと馴染むように使いやすい顆粒タイプに仕上げました。カレーにふりかけるだけで、お好みの辛さに調節できます。

こちらは瓶に入っているのではなく、一回分が個包装されてます。下の画像のようにプラスチックのケースに入っていて、1袋が5gで計10袋入っています。

「カレープラス鮮烈バリ辛ブレンド」と同じメーカー(エスビー食品)が作っていることもあって、テイストはかなり似てると思います。

外出先や旅先には瓶を持っていくことができなくても、この小袋をポケットに忍ばせておけばコッソリ辛さを加えることができます。

たとえば、他の人の家でカレーをご馳走になるときに「辛さ足りねえ…」と思っても、袖に忍ばせた粉末をサッと振りかけて辛さをプラスできます。その際は見つからないようにやってください。

【ハウス】カレーパートナー辛味オイル

ハウス食品 カレーパートナー辛味オイル 31g
ハウス
原材料:なたね油、香辛料抽出物、パプリカ色素、(原材料の一部にごまを含む)

唐辛子由来の辛味と、香辛料の香りが付与されたオイルです。

粉末ではなくオイルということで、辛さがムラなく広がるので良さそうです。Amazonのレビューによると、辛くないカレーを辛くするのには良い感じとのことです。

【ハウス】唐がらし族 大辛唐辛子

辛味の強い唐辛子がたっぷり!カレー、うどん、丼など、どんな料理にも!

Amazonのレビューが29件ついていて星4ということもあり、人気の高いスパイスです。

一味や七味よりも一段上の辛さを求める人や、何にでも七味をかける人(俺だ…)に向いていると思います。ボトルの内容量も多いので、いちいち買い直すのが面倒な人には良いでしょう。

【ハウス】GABAN カイエンペパー

肉料理や野菜料理などに、強い辛みを。手作りカレー、バーベキューなどに。

上で紹介したエスビー食品の「チリーペッパー(カイエンペッパー)」のハウス版スパイスという感じです。

ネットの情報では、ガラムマサラと比較して辛味が強いとのことです。私は直接試してないのでわかりませんが、普段からGABANを愛用している人には良いのではないでしょうか。

【ハウス】GABAN ガラムマサラ(ホット)

ハウス GABAN ガラムマサラ(ホット)<パウダー> 17g×5個
GABAN(ギャバン)
原材料:赤唐がらし、クミン、ブラックペパー、コリアンダー、カルダモン、ナツメグ、クローブ、青唐がらし、シナモン、ジンジャー、フェンネル

カレーの仕あげやスパイシーな料理に、辛味と風味をアップ。キーマカレーなどに。

GABANのガラムマサラには、「マイルド」、「ホット」、「無印」の3種類あります。「マイルド」は辛さは苦手な人が香り付けしたい場合に使うもののようです。なのでカレーなどに辛さを加えたい場合には「ホット」がいいでしょう。Amazonのレビューには「期待通りの辛さです」とコメントがあります。

【ハウス】CoCo壱番屋直伝調味スパイス

CoCo壱番屋とハウス食品のコラボ商品です。家庭で食べるカレーがCoCo壱番屋のような味わいになり(スパイス感、焙煎感、コクアップ)、変化を楽しむことができます。

ハウス名義で出ているココイチのスパイスです。

この商品は辛さを加えるというよりは、味を調整するという感じです。テイストも、辛さは弱く、若干の甘みもある独特の風味です。「カレーにかけるふりかけ」といった感じです。試しに買ってみましたが、使うことがほとんどないので誰か欲しい人にあげたいです。

【CoCo壱番屋】とび辛スパイス ココイチ秘伝のスパイス

ココイチ秘伝のスパイス。カレーに振りかけると、辛さの調整がご家庭でもお気軽に出来ます。いろいろな料理に使っていただけます。

一応、ココイチの店舗のテーブルに置かれているものを販売している(と認識できる)商品名ですが、真偽のほどは不明です。(Amazonのレビューには「お店で使ってるものと同じではない気がする」とコメントあり)

ココイチのとび辛スパイスが好き!という人にはオススメだと思います。

まとめ

というわけで、カレーの辛さが足りないときに使える辛さ調整用のスパイスを紹介しました。

個人的には、カレーに合う辛味スパイスとしては、エスビー食品の「ガラムマサラ(辛味スパイス)」が一番だと思いました。

カレーだけでなく他の料理にも使いたい人は、エスビー食品の「チリーペッパー(カイエンペッパー)」、とにかく辛さを欲しい人は、エスビー食品の「ハバネロペッパー」が良いと思います。

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました