【真・燃えよ唐辛子】見かけるたびに買ってしまう!おすすめの辛いお菓子

食べ物

みんな辛い(からい)もの好きだよね?

最近ハマってる食べ物というかお菓子があります。

それがこれ!「真・燃えよ唐辛子」です。

「真・燃えよ唐辛子」は、2017年9月に発売され、界隈で話題となった食品(お菓子)です。一周回った感がありますが、最近時々行くコンビニに置いてあったので買ってみたところ、これがうまいんですよ!

スポンサーリンク

食べてみる

袋を開けて中を見てみると、輪切りにした唐辛子を油で揚げたお菓子がでてきます。口に入れて咀嚼すると、サクサクした食感が心地よいです。唐辛子の鮮烈な辛味がパッと広がると同時に少し甘みのある衣が楽しめます。

どのぐらいの辛さかというと、死ぬほど辛いというわけではないですが、そこそこの辛さはあります。辛いもの好きの標準的な私が、唐辛子のリングを5つほど連続で食べると「からっ!」ってなる程度です。私はもっぱら酒のつまみとして食べてます。この辛さがお酒に合うんですよね。

お酒以外にもサラダやカップ麺に入れて辛さを加える人もいるそうです。袋の上から中身を揉んでバラバラにしてサラダや麺にふりかけるそうですよ。クックパッドにもレシピが上がってますw

パッケージ裏を見てみる

パッケージの裏を見てみます。1袋のエネルギーは85kcalだそうで、赤福1個分ぐらいのカロリーですね。でも唐辛子はドーナツ状で真ん中が空いてるからカロリーゼロです。

その他の燃えよ唐辛子

実は燃えよ唐辛子にはバリエーションがあって、販売者のアサヒグループ食品株式会社の公式ページを見ると、内容の違いで2種類あるようです。

公式 燃えよ唐辛子|タブレット・お菓子|商品情報|アサヒグループ食品

上のように「真・燃えよ唐辛子」のほかに「超魔王唐辛子」というのがあるそうです。超魔王唐辛子のほうは、店頭で見たことないですね。興味津々です。

このほか、アサヒグループ食品のニュースリリースを見ると、「真・燃えよ唐辛子」は時々パッケージをリニューアルするようで、中身は同じだけどパッケージが違うものがいくつかあるようです。(たとえば、下の赤で囲った商品)

さらに、公式サイトには載ってないのですが、Amazonの出品を見ていると、茶色のパッケージの「華麗な唐辛子」や、紫のパッケージの「最終魔王唐辛子」というのもあるようです。こちらは、どういう中身かが公式サイトにも載ってないので謎です。

最終魔王唐辛子/華麗な唐辛子/真・燃えよ唐辛子/各2袋 計6袋食べ比べセット

買える場所

私の場合は「燃えよ唐辛子」を、会社の近くのセブンイレブンで税込\136で買ってます。家の近所のスーパーやコンビにでは見たことないので、いつも買うときはそのセブンイレブンで買ってます。

今Amazonで調べてみたところ、プライム対応で売ってますね。

アサヒグループ食品 真・燃えよ唐辛子 14g ×8箱
アサヒグループ食品
原材料:パーム油、唐辛子、小麦粉、牛脂、香辛料、食塩、ビーフエキスパウダー、砂糖、ポークエキスパウダー、オニオンエキスパウダー、たん白加水分解物、乾燥卵白、白菜エキスパウダー、粉末油脂、野菜エキスパウダー/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、膨脹剤、乳化剤、微粒酸化ケイ素、酸化防止剤(V.E)、香料、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・牛肉・ごま・大豆・豚肉を含む)

この商品の販売単位として、8「箱」と書いてますが、値段からして8「袋」でしょう。

8袋で\1,089円なんで、1袋あたり\136です。まさに私がセブンイレブンで買った税込価格と同じ価格ですね。一気に8袋買わないといけないですが、近場に売ってる店がない人はAmazonで買うのもアリですね。

まとめ

というわけで、「燃えよ唐辛子」について書いてみました。

単独で食べてもおいしいですが、お酒のつまみにピッタリだと思います。

みなさんも見かけたらせひ買ってみて下さい。

以前カレーのスパイスについて、こんな記事も書きました。こちらもぜひ!

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました