「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」はラブコメアニメの最高峰

おすすめアニメ

アニメを再び見るようになって、特に面白かったと思ったのが「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」(通称「俺ガイル」)ですね。

今回は、「俺ガイル」について書いてみようと思います。

スポンサーリンク

「俺ガイル」とは?

「俺ガイル」は純粋な学園アニメ

学園もののアニメは、ファンタジー要素を足したもの(異世界、魔法など)と、あくまで現実的な日常に徹したもの、のどちらかに分かれると思います。

最近は、どちらかというと前者が多いように思いますが、この作品「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」は、ファンタジー要素の全くない、ある意味で硬派な学園もののアニメです。

2人のヒロイン

このアニメは日常アニメであるがゆえに、キャラクターの魅力がとても重要になってくるわけですが、そこはもう見事に魅力的なキャラクターが登場します。

ヒロインは2人いて、雪ノ下 雪乃(ゆきのした ゆきの)と、由比ヶ浜 結衣(ゆいがはま ゆい)です。この魅力的なヒロイン2人の間でラブコメが進行します。

世間的には少しだけ結衣の方が人気があるっぽいですが、2人ともなかなかのヒロインだと思います。とはいえ私は結衣推しですが。

またこの2人の声優さんが素晴らしく、「雪ノ下 雪乃」が早見沙織さん、「由比ヶ浜 結衣」が東山奈央さん。

早見沙織(Wikipedia)
東山奈央(Wikipedia)

2人とも今まさに絶賛活躍中ですね。どちらの声優さんも、本来の自分の持ち味にあったキャラターなのでとても自然に演じています。

公式サイト やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 公式ホームページ|TBSテレビ

1~3期について

俺ガイル(1期)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
ひねくれぼっちの高校生・比企谷八幡が「奉仕部」に入部し、美少女やギャルと出会い・・・!?残念な主人公が繰り広げる青春ラブコメディ!

1期(シーズン1)は、ラブコメ的な話としては少し弱いかな。あと、材木座 義輝(ざいもくざ よしてる)という男友達キャラが出てくるんだけど、これが私はちょっと苦手だった。1期と2期は制作会社が違っているので、作画も2期に比べて1期はやや原作寄りな感じになってます。

俺ガイル。続(2期)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続
修学旅行を控えた八幡ら奉仕部に持ち込まれた依頼とは!?新登場の一色いろはも加わり、彼らの関係もさらに複雑さをみせ始める。八幡の高校生活はどんな展開を迎えるのか?(C)渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。続

2期(シーズン2)は、なんといってももう1人のヒロイン、一色 いろは(いっしき いろは)が登場します。声は佐倉綾音さんが当てています。この「いろは」は凶悪なまでに狙ったように可愛い。本作の3人目のヒロインであることは間違いないでしょう。

あと忘れてた、もう1人のヒロインがいるんですよね。それは主人公の妹、比企谷 小町(ひきがや こまち)。この子もなかなか可愛くて、妹キャラとしては申し分のないレベルです。

2期には、雪乃、結衣、いろは、小町の4人のヒロインがいると言っても過言では無いでしょう。

また、2期のエンディング曲「エブリデイワールド」は、曲と詞いずれも素晴らしく、このアニメの世界観をとてもよく表している名曲です。この曲を歌う2人の声優さんの声がまた素晴らしいんですよね。歌詞も高校生活の切ない気持ちを見事に表現してます。私は気に入ってAmazonでMP3を買ってしまいました。

俺ガイル。完(3期)

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』完
過去のトラウマと、独自のひねくれた思考回路によって「ぼっち生活」を謳歌しているように見える比企谷八幡は、ひょんなことから生活指導担当教師、平塚 静に連れられ「奉仕部」に入部する。 同じ部に所属する息を呑むほどの完璧美少女・雪ノ下雪乃や、クラスの上位カーストに属するギャル・由比ヶ浜結衣とともに、クラスメイトの人間関係の問題の解決から生徒会の手伝いに至るまで、数々の案件をこなす毎日をすごしていた。 季節は移ろい、春。 雪乃から最後の依頼を受けた八幡と結衣。 3月の卒業式を控えた中、いろはからプロムの協力を求められ…。 --本物を求めた八幡は3人の関係を変えていく。果たしてこの先、彼の高校生活はどんな結末を迎えるのか!?

そしてついに完結しました。

私は白黒ハッキリさせないラブコメが好きじゃないのですが、3期ではきちんと結論が出されました。まだ見てない人は是非その結末を自分の目で確認して欲しいです。

ただ、途中の言葉遊びがちょっと合わない…という人はいるかもしれません。

まとめ

というわけで、俺ガイルについて色々と話してみました。

ラブコメ作品としては是非とも押さえておきたいアニメです。

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました