2018年秋アニメの所感(青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ないなど)

アニメ・コミック

ども!あき山です。

2018年秋アニメ、終わっちゃいましたねー。

今期のアニメはやたら豊作で、個人的には2016年からアニメ視聴を再開してから一番の粒ぞろいだったように思います。

私は以下の9本をリアルタイムで見ました。(見終わった順)

  • ゾンビランドサガ
  • SSSS.GRIDMAN
  • RELEASE THE SPYCE
  • やがて君になる
  • 色づく世界の明日から
  • うちのメイドがウザすぎる!
  • ゴブリンスレイヤー
  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
  • 転生したらスライムだった件(1クール目)

前期は7本見ていたので、今期は多めでしたね。リアルタイムで見てた本数としてはここ最近の中で群を抜いています。

前期の所感はこちら

関連 2018年夏アニメの所感(シュタインズ・ゲート ゼロなど)

では簡単ですが所感を述べてみます。

ちなみに作品に対する考察はありません。あき山が個人的な感想をつらつら書いてるだけなので注意してください。。。。

 

スポンサーリンク

良かったアニメランキング

第1位

一番良かったのは・・・「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」(通称:青ブタ)でした。

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
石川界人
思春期症候群――不安定な精神状態によって引き起こされるとネットで噂の不思議現象。梓川咲太、高校2年生。江ノ島からもほど近いとある高校に通う彼は、この年、様々な“思春期症候群”を引き起こした少女達と出会う。たとえばそれは、図書館で出会った野生のバニーガール。彼女の正体は、高校の上級生にして活動休止中の女優、桜島麻衣先輩。魅惑的な彼女の姿は、何故か周囲の人間の目には映っていなかった。彼女はなぜ見えなくなってしまうのか―。謎の解決に乗り出した咲太は、麻衣と過ごす時間の中で、彼女の秘める想いを知り……。空と海が輝く町で心揺れる少女達との不思議な物語が始まる。

基本的に私はハーレム系のアニメが好きなほうだけど、自分が面白いと思うかどうかは、主人公の女性キャラへの反応によって決まるようです。具体的に言うと、あまりにもオドオドして奥手なのはあんまり好きじゃないんです。見てるとじれったくなって「ガッと行って押し倒せ!」と思ってしまうのです。

だけど、このアニメの主人公「梓川咲太(あずさがわさくた)」は堂々としていて、女性キャラ達と軽妙な会話を繰り広げてくれます。

主人公がオドオドしない系のアニメって実は少なくて、知ってる限りでは、俺ガイル(やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)や、化物語などの物語シリーズ、監獄学園ぐらいしか思い出せないです。ハーレム系で主人公がオドオドしない系のアニメを知ってたら是非教えてほしいです。

そういうわけで、まず主人公のキャラ設定からして割と好みだったわけですが、それに加えて、やっぱり女性キャラが全て魅力的に描かれてるのが大きいでしょうね。ちなみに私は、麻衣さん推しです。ツン6割デレ4割ぐらいの、デレ多めのツンデレも良いですねw

ひとつ気になる点を挙げるとすると、主人公の咲太(さくた)の「もみあげ」でしょうか。最初から最後まで、もみあげがデカすぎるのが気になって仕方なかったです。高橋留美子の男性キャラを思い出してしまいますね。。。

 

声優さんも良かったですね。

私は東山奈央さんの声が好きなんですが、このアニメでも古賀朋絵という可愛い系の脇役を素晴らしい声で演じています。というか今期、東山さんは他のアニメでも重要な役をいくつも演じていて、相変わらずの売れっ子です。あと、主人公の妹の梓川かえでを、アマアマな声で演じきった久保ユリカさんも良かったです。

 

あと、エンディング曲の「不可思議のカルテ」が超素晴らしかったです。

不可思議のカルテ
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

主要な女性キャラが1人ずつ歌っているバージョンがあって、それに合わせて背景色などが変化するので見ていて飽きないです。そして曲がすごい好みで、AmazonでMP3を購入して死ぬほど聞きました。好きすぎて短期間で100回ぐらい繰り返し聴いてしまいましたw

特に東山さんのキャラに合わせた歌い方が好きで、曲は超暗めのマイナー(短調)曲なんだけど、東山さんの底抜けに明るい声が、その暗さをぶち壊す感じなのが最高です。

これに関しては、東山さんがインタビューで以下のように実情を話しています。

東山
やっぱり朋絵は元気担当かなと思っています。それを感じたのが、先ほどお話しした「不可思議のカルテ」のレコーディングです。

私がトップバッターだったので、曲に合わせて私もメロウな雰囲気、彼女のモノローグ的な感じで新しい一面をお届けするつもりで臨んだら、「こういう曲ですけど、明るく歌ってください」とディレクターさんに言われてしまって(笑)。ちょっとウィスパー気味にしっとり歌おうかなと思っていたところ、朋絵らしい元気いっぱいなテイストになりました(笑)。

すごいワクワク顔で歌っていて「いいのかな?」と思ったんですけど、それぞれのヒロインには特徴があって、全員の声が揃ったときに改めて朋絵は元気担当だと実感して、そこからアフレコに臨みました。

引用 公式サイトの東山さんのインタビュー記事

なるほどね~、全員の声が揃ったときに、確かに声の方向性が違っているからこそ広がりが生まれるってことでしょうね。まぁ私は東山さんの声が大好きだから、東山さんのソロパートだけでも100回ぐらい聴けそうだけどw

 

そういえば映画化も既に決まってるんですよね。

「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」というタイトルで2019年初夏に上映とのことです。アニメの映画はここ30年ぐらい行ってないので(確か最後に映画館で見たのは「魔女の宅急便」だったような)、久々に見に行ってみようかなと思ってます。

 

第2位

2番目に良かったのは・・・「うちのメイドがウザすぎる!」でした。

うちのメイドがウザすぎる!
白石晴香
母を亡くし父と二人で暮らす小学生女子・ミーシャ。 そんな父子家庭にやってきた新人家政婦は、やたらマッチョな上に三度の飯より幼女が大好きで・・・!?闘うヘンタイ家政婦 VS ロシア系小学生のほっこりしない系?ホームコメディ、開幕!

実は1位の青ブタと迷ったんですよね。そのぐらいこのアニメは好きでした。

というか、主人公の「ミーシャ」と、その友達の「わしわし」と「森川さん」が尊すぎて目を細めて見てしまいます。マジ尊い。そして、ウザメイドこと「鴨居つばめ」の変態ぶりに親しみ(?)が持てていいw というかこれ、つばめが女性ではなくて中年の男性とかなら100%アウトでテレビで放送できないレベルですよねw

 

声優さんもぴったりでした。

主人公のミーシャも良かったけど、つばめ役の沼倉愛美さんが本当に良かった。今期はリリスパでも主要なキャラクターを演じているので大活躍でしたね。あと、わしわしの高い声(ちびまる子ちゃんのタマちゃんみたいな声)も良かったし、森川さんのクセのある声もぴったりでした。

 

そして、アニメーション制作は動画工房。動画工房いいよね~。

動画工房は、今までも「NEW GAME」や「うまるちゃん」など、本当に良いアニメをたくさん制作してて、かなりの高確率で私のストライクゾーンに入ってます。制作が動画工房ってだけで個人的にはチェック対象です。と言いつつ、今期のアニマエールは1話で切ってしまったけど…

 

オープニング曲「ウザウザ☆わおーっす! 」も良かったですね。

歌詞は、数々のアニメソングの歌詞を書いてきた畑亜貴さんが担当していて、この曲でもメロディーライン以外の部分に歌詞が入っていて、畑さん無双な感じで良いですね。

 

あまりにもアニメが良かったので、原作の漫画も全部買ってしまいました。

原作を読むと、アニメが原作の雰囲気を忠実に再現していることに驚かされました。今期の「やがて君になる」になるもそうだけど、これだけ原作の雰囲気を再現できたら、きっと作者さんは最高に嬉しいだろうなぁ。

 

第3位

3番目に良かったのは・・・「やがて君になる」でした。

やがて君になる
高田憂希
人に恋する気持ちがわからず悩みを抱える小糸侑は、中学卒業の時に仲の良い男子に告白された返事をできずにいた。そんな折に出会った生徒会役員の七海燈子は、誰に告白されても相手のことを好きになれないという。燈子に共感を覚えた侑は自分の悩みを打ち明けるが、逆に燈子から思わぬ言葉を告げられる──「私、君のこと好きになりそう」

とにかく丁寧できめ細かな描写が特徴のアニメでした。たぶん一言でいうと「主人公と先輩の生徒会長とが少しずつ心を開いていく百合物語」ってことになるんだけど、一言で表せそうな設定が13話かけてゆっくり丁寧に描かれています。その丁寧さの度合いが、ちょっと他に見当たらないレベルに高くて、それだけでも見る価値はありますね。

アニメではラストが少しふわっとしてて、結論めいたものは具体的には描写されなかったのは残念というか・・・いや残念でもないな。「主人公の侑と先輩の燈子が、お互いに歩み寄り始めた物語」をアニメの13話で描写しようということだったんでしょうね。

個人的には、やっぱり続きが気になるので、原作を買おうと思ってます。

 

あと、声優さんもぴったり過ぎて怖いぐらいでしたね。

高田憂希さんは後輩らしい幼さを持ちつつ芯のしっかりした主人公の侑を、寿美菜子さんは表面はしっかりしているけど中身は弱い燈子を、茅野愛衣さんは根は優しいけど表面に少し素っ気なさのある沙弥香を、それぞれ見事に演じてました。それぞれの声優さんの得意分野の声質が融合した感じですね。

電撃大王編集者のクスノキさんも「元々こういう声だったと錯覚してしまうほど」と言ってますが、まさにその通りだと思いました。

 

第4位

4番目に良かったのは・・・「ゾンビランドサガ」でした。

ゾンビランドサガ
宮野真守
いつもの朝。いつもの音楽。いつもの自分。7人の少女たちの安寧は、突如崩壊する。死して蠢く、ゾンビによって……否応なく踏み込んだ世界、そこは“最高×最悪のゾンビワールド”少女たちの願いは、たった一つ。「私たち、生きたい。」これは、少女達が起こす奇跡の物語(サガ)。MAPPA×エイベックス・ピクチャーズ×Cygamesの3社が偶然にも手掛けた100%肉汁オリジナルアニメが誕生!年齢も性別も時代も超えて、びんびんに刺激する『新感覚ゾンビ系アニメ』の幕がいま上がる。

「ゾンビ+アイドル」っていう設定からして興味をそそられますよね。

でも設定が奇抜というだけではなく、途中からは設定を生かしたキャラごとの掘り下げがあって、最終的に見事に最終回でまとめられています。これは完全にアニメ史に残るパターンですね。

 

声優さんも個性があって、私が今最も推している本渡楓さんが主人公のさくらを演じています。本渡さんの声は東山奈央さんに少し似ていて、芯がありつつ明るい声なのが好みです。

声優さんと言えば、オープニング曲「徒花(あだばな)ネクロマンシー」を、作中のアイドルグループ「フランシュシュ」のメンバーが歌っています。

この曲がまたいいのよね。特に歌詞が固めの表現でまとめられてて味があります。

そういえば、TVバージョンの冒頭と最後のところのやたらいい声の声優さんは、どのキャラの声優さんなんだろう?ってずっと思ってて、勝手に三石琴乃さんだと思ってました。そしたら、作中では大人しいキャラだった紺野純子役の河瀬茉希さんとのことで超驚きました。

 

その他

5位以下のアニメ(一部)についても簡単に所感を述べてみます。(順不同です)

 

・SSSS.GRIDMAN

SSSS.GRIDMAN
広瀬裕也
ツツジ台に住む高校1年生の響裕太は、ある日目覚めると記憶喪失になっていた。そして裕太は古いパソコンに映る『ハイパーエージェント・グリッドマン』と出会う。グリッドマンは使命を果たせと語りかけ、裕太はその言葉の意味と記憶を探し始める。突然の事に戸惑いつつも、クラスメイトの内海将や宝多六花、新条アカネたちに助けられながら毎日を送る裕太だった。が、その平穏な日々は、突然現れた怪獣によって容易く踏みつぶされた――

作中に登場する2人の女性キャラクター、宝多六花と新条アカネ。この2人がとても魅力的に描かれているのが良かったけど、個人的にはそれ以外にあんまり魅力を感じなかったです。元々特撮とかメカものには全然興味ないというか、むしろマイナスに働いていた感じですね…

そのほか良かったところとしては、新条アカネ役の上田麗奈さんの声ですね。上田さんは「サクラクエスト」の四ノ宮しおりや「3D彼女 リアルガール」の綾戸純恵など最近よく見かけますが、透明感のある愛らしい感じの声でかなり好みです。

上田麗奈さんといえば、Amazon Echo(アレクサ!って呼びかけるデバイスです)で、上田さんの声の時報を聴けるサービスがあります。うちにはAmazon Echoがあるので、時々聴いてます。

Amazon.co.jp: 上田麗奈の時報: Alexaスキル

アニメとは関係ないですが、Amazon Echoで音楽を聴くときのコツについて以前こんな記事を書いたので、興味がありましたらこちらもどうぞ。

関連 【Amazon Echo】UnlimitedのEchoプランで便利に音楽を聴く方法

 

・色づく世界の明日から

色づく世界の明日から
石原夏織
物語の始まりは数十年後。 日常の中に小さな魔法が残るちょっと不思議な世界。 主人公の月白瞳美は17歳。 魔法使い一族の末裔。 幼い頃に色覚を失い、感情の乏しい子になった。 そんな瞳美の将来を憂えた大魔法使いの祖母・月白琥珀は魔法で瞳美を2018年へ送り出す。 突然、見知らぬ場所に現れとまどう瞳美の視界に鮮烈な色彩が飛び込んでくる・・・・・・。

アニメーション制作がP.A.WORKSってことで見始めましたが、第1話を見たときは度肝を抜かれました。めちゃくちゃ色がキレイで、完全に映画のクオリティでしたね。しかしその後は少し中だるみしたり、作画がやや怪しくなったりで、1話の勢いはどこへいった!?みたいな感じでした。

ところが最終話は本当に良かったです。あれはシナリオの勝利でしたね。主人公の瞳美の成長と、瞳美を過去へ送り出し過去で瞳美とともに奮闘した琥珀の想いが、最終話で結実した感じでした。

そうそう、ここでも本渡楓さんが琥珀を演じていて、東山奈央さんが元気系メガネっ娘を演じてます。個人的にこの2人の名演技に癒されました。

 

・RELEASE THE SPYCE

RELEASE THE SPYCE
Prime Video
源モモは空崎市に住む女子高生。平凡な日々を過ごしていた彼女はとある事から私設情報機関「ツキカゲ」にスカウトされる。ツキカゲはどこの国にも属さず平和を影から守る正義のスパイ組織だった。若い女性にしか効かないが能力を上昇させる特製スパイスをはじめ数々の秘密道具、鍛え上げた心身を武器に彼女達は戦う。素人だったモモの面倒を見るのは高校の先輩でもある半蔵門雪。ツキカゲは師弟制度があり先輩が後輩を鍛えて技術を継承していくのだ。今、大都市である空崎には犯罪組織「モウリョウ」がその魔手を伸ばしていた。モモは自分を取り巻く家族や友人、商店街の人達を守るため、仲間たちと力をあわせて悪を討つ。

キャラクターデザインが「ゆるゆり」などで有名な「なもり」先生ってことで見始めましたが、味方の中に内通者がいる事実が物語に緊張感を与えて最後まで見れました。というか内通者がいなかったら途中で見るのをやめていたかも。全体的に演出が軽めなので、もう少し重めで暗い感じだったら良かったかな。

ですが、最終話で主人公の源モモが師匠の半蔵門雪と別れるシーンがあるんですが、ここは本当に良かったです。真ん中あたりの話数では中だるみがあったけど、最後まで見続けて良かった思えるシーンでしたね。

 

番外

ここまで所感を書いてきたアニメ以外に、リアルタイムで全話を見た、ゴブリンスレイヤー、転生したらスライムだった件(1クール目)があります。(所感は割愛)

その他、途中で見るのをやめてる(やめてしまった)アニメは以下です。

  • ソードアート・オンライン アリシゼーション(9話まで)
  • となりの吸血鬼さん(5話まで)
  • ひもてはうす(4話まで)
  • 俺が好きなのは妹だけど妹じゃない(3話まで)
  • 寄宿学校のジュリエット(1話まで)
  • あかねさす少女(1話まで)
  • CONCEPTION(1話まで)
  • アニマエール!(1話まで)
  • ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(1話まで)
  • ソラとウミのアイダ(1話まで)

これらの作品は、現時点で相性がよくなかっただけなので、今後また見始めるかもしれません。特に「ソードアート・オンライン アリシゼーション」、「となりの吸血鬼さん」、「寄宿学校のジュリエット」あたりは、少し遅れてでも見ると思います。

 

まとめ

上の絵は、ちょうど秋アニメの期間中に気に入っていたアニメ・キャラクターの格好を取り入れた自画像です。タイツの真ん中のとこがヤバい感じが気に入ってます。

・・・というわけで、2018年の秋アニメの所感でした。

ほんとに今期は豊作で正直順位付けも難しいぐらいでしたね。この勢いで2019年も面白いアニメが見れますように・・・。

ではまた!