【2018年版】AmazonアソシエイトのトラッキングIDの追加と認証キーを取得してみた

Amazon

ブログを運営してる人なら、Amazonアソシエイトに参加してますよね。

Amazonアソシエイトでは、まずトラッキングIDを追加(作成)します。これがないと始まりませんよね。それから、AmazonJSなどのプラグインを使う場合には、Amazon Product Advertising APIを利用するために、認証キー(アクセスキーID)も取得します。

しかし、最近のAmazonアソシエイトのサイトデザインの変更で、以前とは違うメニュー表示なっているので少しわかりにくい状況です。

今回は、トラッキングIDの追加と認証キーの取得を画面を見ながら説明したいと思います。

スポンサーリンク

Amazonアソシエイト・セントラルへ

まず、Amazonアソシエイト・セントラルに進みます。

アソシエイト・セントラル(外部リンク)

自力で進むには、Amazonのページの一番下(フッター)の「アソシエイト(アフィリエイト)」をクリックします。(下図)

続いて、右上の「サインイン」からログインします。(下図)
アカウントを持っていない人は「無料アカウントを作成する」をクリックします。

トラッキングIDの追加

アソシエイト・セントラルのホームから、右上の登録メールアドレスをクリックし、「トラッキングIDの管理」をクリックします。(下図)

 

トラッキングIDを追加する場合は、「トラッキングIDを追加する」をクリックします。追加されたトラッキングIDは、画面中段に表示されています。(下図)

 

「トラッキングIDを追加する」をクリックすると以下の画面が出るので、トラッキングIDを入力して「作成」をクリックすれば完了です。(下図)

認証キー(アクセスキーID)の取得

アソシエイト・セントラルのホームから、メニューの「ツール」-「Product Advertising API」をクリックします。(下図)

 

すると「認証キーの管理」の表示が出ます。(下図)

ここで、上の画面内には以下のように書いてあります。

Product Advertising APIを利用するのに必要な認証情報を確認することができます。すでにAmazon Web Services (AWS)で認証キー(アクセスキー、シークレットアクセスキー)を取得している場合は、そのまま使い続けることができます。また「新しい認証キーを取得する」ボタンを押下することでAWSで利用する認証情報から切り離し、アソシエイトセントラル上で管理できるようにすることもできます。新しい認証キーを発行した場合は、現在ご利用いただいているキーは無効となりますのでご注意ください。

さて、前半のアンダーラインは、AWSで認証キーを発行してるんだったらそのまま使ってもいいよ!と言っています。後半のアンダーラインは、ボタンを押せばAWSとは切り離してまた新しく認証キー出しますよと言っています。

これを見ると、Amazonは認証キーの管轄をAWS内で行うのはちょっと違うと思っていたのではないでしょうか。Amazonアソシエイトの参加者はAWSの利用者に比べて膨大なので、それら参加者にわざわざAWS内で認証キーを発行させるのは効率も悪いだろうし、AWSが行うサービスのカテゴリ的にも変と思ったのかもしれません。

で私の場合、以前にAWSで認証キーを取得しているので、既に持っている認証キーを使い続ければ良かったわけですが、好奇心もあって上記画面で「新キーに移行」をクリックしました。笑

 

上記画面で「新キーに移行」をクリックすると、現在の認証情報(たぶんAWSで取得した認証キー)が無効になると言われます。それで構わないので「続ける」をクリックします。(下図)

 

すると、アクセスキーとシークレットキーが発行されて画面に表示されます。(下図)

このキーは、Amazon Product Advertising APIを利用してAmazonのアソシエイトリンクを生成するようなプログラムやプラグインを設定するときに使うものなので、忘れずに控えておきます。

ここで「認証情報をダウンロードする」をクリックすると、表示内容と同じcsvファイルがダウンロードされます。

 

上の画面で「認証キーの管理」をクリックすると、取得した認証キーの情報が一覧で表示あれます。(下図)

さらに別の認証キーを作成したい場合は、ここから「認証情報を追加する」をクリックすればいいと思います。

おわりに

Amazonアソシエイトのサイトデザインの変更と、認証キーの管理がAWSとは無関係にできる仕様の変更で少しわかりにくい状況でしたね。

ともあれ、トラッキングIDの追加と認証キーの取得の参考になれば幸いです。

ではまた!