ただひたすらに。

少年誌ラブコメの「ニセコイ」を見てみた

2014年春アニメの「ニセコイ」(1期と2期で全32話)を見ました。

原作は、「少年ジャンプNEXT!」に読み切り連載された後、「週刊少年ジャンプ」で2011年~2016年まで連載されたマンガです。登場するキャラクターが良くてなかなか面白かったです。

「ニセコイ(全20話)」のdアニメストアのページを開く
「ニセコイ:(全12話)」のdアニメストアのページを開く

せっかくなので、見終わって色々思ったことを書いてみたいと思います。

個人的に良かった点

ヒロインの「桐崎千棘」(きりさきちとげ)、ヒロインの対抗馬の「小野寺小咲」(おのでらこさき)、この2人と主人公のからみが小気味よくとても良かったです。

特にヒロインNo2の小野寺小咲は素晴らしく良い!。めちゃくちゃ可愛いです。しかも声が花澤香菜で、花澤香菜のうまさと声質が相まって、ここ最近見たアニメの中でも突出して良いキャラクターだったと思います。

この2人だけで話が進む1期の1~6話の流れが最後まで続くとしたら、超オススメのアニメです。

この後(1期6話~2期最後まで)もテンポ良く進むので面白いことは面白いのですが、色々なキャラが登場し当初の設定がボケてくるので、もしこれから見る人は、特に1期の1~6話を気合い入れて見て下さい。

キャラクター

キャラクターについては上で書いたように、まず花澤香菜が声を当てる「小野寺小咲」が最高に良い。めちゃ可愛い。彼女を見るだけでもこのアニメを見る価値はあると言えます。

その次は、ヒロインの「桐崎千棘」ですかね。桐崎千棘は、東山奈央が声を当てています。ドSっぽいけど恥ずかしがり屋という、王道のキャラクターです。

あと、個人的に推したいのが小野寺小咲の友人の「宮本るり」。彼女は小野寺小咲の主人公への想いを応援する立場なんだけど、冷静沈着に小野寺小咲を小突いて主人公にくっ付けようとします。そういう「意地悪」なのか「友達想い」なのかわからなくなる感じが良いですね。たぶん私のようなおっさんは、きっと好きなタイプのキャラじゃないでしょうか。w

週刊少年ジャンプのラブコメ

ニセコイは既に連載を終えてますが、週刊少年ジャンプに連載のラブコメとしては、「いちご100%」を越えて最長連載だったようですね。


ちなみに、おじさんは「いちご100%」が大好きでした。だんぜん東城派ですよ。w

ニセコイのアニメ(全32話)では原作の最後までカバーできておらず、原作の最後がどういう結末になったのか興味津々です。しかし、Amazonのレビューなどを見ると不満を持った人が多い展開だったようですね。。。

さいごに

少年マンガというのは、少年向けのソフトな展開なので、どうしてもゆっくりした(じれったい)展開になるんですよね。全年齢に対応してるから仕方ないんですが、おじさんとしてはちょっとストレスたまります。

少年マンガの行ったり来たりする展開を楽しめる人はぜひ見てみて下さい。
あと、花澤香菜の演じる小野寺小咲は超おすすめなので、気になる人はチェックしてみて下さい。

ではまた!


スポンサーリンク

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

外部リンク

アニメ好きなら、何はともあれ「dアニメストア」

Amazon独占配信のアニメはこちらでチェック

楽器好きなら、購入前に「サウンドハウス」もチェック

サウンドハウス

ブログ村にも登録しています。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村 音楽ブログ アコギへにほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ

スポンサーリンク