ただひたすらに。

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」は妹アニメの最高峰

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」は、2010年の秋アニメとして、2010年10月~12月にTV放送されたアニメです。今回はこのアニメについて話してみたいと思います。

このアニメは、シーズン1(全12話)、TRUEROUTE(全4話)、シーズン2(全13話)、TV未放送(全3話)の、合計32話があります。

↓シーズン1(dアニメストア)
10642_1_1

↓TRUEROUTE(dアニメストア)
10642_1_1

↓シーズン2(dアニメストア)
10797_1_1

↓TV未放送(dアニメストア)
10797_1_1

みどころ「妹とどこまで結ばれるのか」

妹ものアニメは世に数多くあると思うのですが、このアニメは、
妹という存在の究極の形を最後まで完璧に表現している
ところが素晴らしいと思います。

たとえば、主人公である兄と血の繋がった妹とはどこまで結ばれれば視聴者は納得できるのか?という問題があります。これについては、適当にお茶を濁すことは簡単でしょうが、まともに向き合うとなかなか大変だと思います。

しかし「俺妹」では、そこを完璧に逃げることなく追求して表現しており、TV未放送部分を見終わると物凄い納得するものがありました。それぐらい真正面から結論を導いていると思います。

それにしても、TV未放送部分は本当にTVでは放送できないよね。。。

みどころ「キャラクターと声優」

一番のみどころは、上に書いた妹との関係の突き詰めたことだと思うけど、それ以外となるとやはりキャラクターと声優でしょうね。


高坂桐乃(妹)に、竹達彩奈。
田村麻奈実(幼なじみ)に、佐藤聡美。
五更瑠璃(ハンドルネーム黒猫、妹の友人)に、花澤香菜。
新垣あやせ(モデル、妹の友人)に早見沙織。

この4人が全員主人公のことを好きになるというハーレムなんだけど、4人とも、とても良いんですよね。

まず妹。これがものすごいドSで、特にシーズン1では、「ツン95%、デレ5%」ぐらいのツンデレで、兄である主人公は精神的にも肉体的にもボコボコにされます。

竹達彩奈の声はわりと低音にパンチがあるので、それがツン状態の妹に見事にはまっています。これが一転して、シーズン2からTV未放送分にかけてデレ度が上昇するんだから、可愛いさも際立つというものです。

黒猫とあやせ。この2人は、キャラクターの設定も良いし、声優も素晴らしい。主人公がこの2人のアプローチに揺れ動くのも無理はないと思わせるだけのキャラ設定と声優です。

おわりに

ラノベ系のアニメは、dアニメストアと入会してから色々と見始めてるけれど、このアニメは実のところ最初はそんなに期待してなかったんですよね。でも妹のツンデレが気になって見ているうちにどんどん引き込まれました。最後のTV未放送分のところは、妹ものアニメやコミックが好きな人は必見だと思います。おすすめです。

ちなみに。
この「ねんどろいど」の俺の妹、ツンデレ表情とオタク顔がめちゃくちゃ可愛い。


黒猫とあやせも捨てがたい。


スポンサーリンク

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

外部リンク

アニメ好きなら、何はともあれ「dアニメストア」

Amazon独占配信のアニメはこちらでチェック

楽器好きなら、購入前に「サウンドハウス」もチェック

サウンドハウス

ブログ村にも登録しています。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村 音楽ブログ アコギへにほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ

スポンサーリンク